放射線 人体 影響

放射線が人体に及ぼす影響

放射線というものに対して、かどのマイナスイメージを持ちすぎているのが、現在の日本人の考え方である。原発反対という人は放射線が怖いということの理由から放射線のことに対して正しい知識もなしに、ただ単純に反対しているというのはあまり賢いやり方ではない。

 

ではわどのようにして放射線が人体に対して影響を与えるのかは専門の参考書を見ていただければと思う。私も、放射線というものは非常に恐ろしいものだとずっと思っていた。もちろん、危ないものであるのはわかっていることであるが、その使い方を間違えれば、危険なものである。放射線は悪いというイメージが非常に高いが、放射線を実は日常生活でもかなり浴びる機会が非常に多いのだ。

 

放射線が危ないと言っているひとに限って海外旅行によくでかける。海外旅行に出かけて飛行機にのっている場合には、そのときに実は被爆しているのだ。なぜなら、宇宙には放射線が大量に存在する。そのために、海外に行くときは特に地上から高いところを移動するのと長時間かけて移動するために放射線を浴びている。また、歯医者に行ったら、必ずといってもいいようにレントゲンを撮られるという経験をしたことはないだろうか。

 

レントゲンといつものは人体にx線を当てることによってその透過したx線をもとにどのような講座になっているのかということである。このときにもx線を体に浴びているので被爆している。もちろん、そのx線の量というものは非常に微力なものであるのだが、海外旅行一回にいく被爆の量はレントゲンを10回ほど撮影したものになる。もちろん、これを一年で数百万回ほど行わなければ、問題はないのだが、放射線がいやだ人体に悪い影響ばかり及ぼすという考え方から少し離脱してもらいたい。

 

レントゲンなどの撮影に対しても放射線というものが使われており、そのおかげで歯がどのような状態になっているのか確認できたり、骨が折れているのかどうかも見ることができるのだ。