放射能 移住

放射能から逃れるため移住したい、後悔しないためのポイントは?

放射能から逃れるため移住したいという人は、潜在的に多くいます。しかし、現実問題としてそれが出来ている人はかなり少ないです。

 

問題は仕事、お金という面が大きいと思います。放射能で移住したいと考えている人は主に、福島県やその他東北、関東に住んでいる人がほとんどだと思います。

 

移住先としては、西日本もしくは海外となると思いますので、仕事面とお金、さらには地域になじめるかという点がハードルとなって、話が先に進まずあきらめている人がほとんどだと思います。

 

実際に、放射能漏れをきっかけに移住した人で後悔したポイントなどをまとめますので参考にしてください。

 

仕事が全然ない

東京などから地方に移住した人の場合、仕事のなさにびっくりする人も多いようです。
就職先は確保してから移住することは必須と言えます。

 

給料が安い

仕事にはありつけたものの、給料が安いという声も多いです。特に東京からの移住では、地方との給料の差に愕然とすることもあります。

 

近所づきあいが面倒

こちらも都心部から地方へ移住した場合ですが、ゴミ出しなどもそうですが、町内会や日々の挨拶などがわずわらしいと考える人もいます。ただ、町内会の集まりなどは頻繁にあるものでもないですし、仕事が忙しければ欠席なども可能です。

 

むしろ地域の人に溶け込むチャンスと前向きにとらえるのも良いかもしれません。

 

 

次に移住して良かった点についてです。

 

物価が安い

給料は低いものの、物価が安いなど都心部より、お金を使わなくて済むのがうれしいポイントです。

 

いい人が多い

東京などは、人が冷たいと言われますが、地方は都内に比べるといい人が良いと言えます。その温かさに救われることもあるでしょう。

 

自然豊かで体調も良くなった

放射能の健康被害に悩む人にはまさに朗報ですが、自然豊かな地域に引っ越したことや、放射能から逃れることで体調が良くなったという声も多いです。

 

 

放射能から逃れるための移住ですので、健康になれればすべてよしなのかもしれません。

 

移住後のお金のことについて

放射能から逃れるため移住したはいいものの、お金がなくては生活できません。

 

そして、この国の将来は・・・

 

となると心配で仕方ないでしょう。

 

だからこそ、オススメしたい仕事があります。まさに移住者の為の仕事と言えるものです。

 

それは、FXです。

 

その理由が下記リンク先にて分かります。

 

FXが移住にベストな仕事になる理由